2011.01
21
Fri
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 00:21
 「トリロジー」ってワインご存知ですか?
かなりのボルドーマニアで無いと知らないはずのこのワイン。凄いです。


かの「ル・パン」を造るティエンポン氏がもともと自家消費用に造ったこのワイン。
若木の畑からのブドウや、買い足した畑のブドウ、「ル・パン」に及ばなかった樽の
ワインなどをブレンドして造ったワインとの事。
ご縁あって飲む機会がありました。
比べると「ル・パン」ほどの力強さに欠けるとは言え、素晴らしいワインでした。

面白い事にこのワインは”ノン・ヴィンテージ”。
2007と2008のブレンドでした。
ラベルをよく見ると・・・


右下に「L0708」と入っています。(写真じゃ見えないかも?)

vinobleで1本寝ていますが非売品です。


2010.06
25
Fri
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 23:29

ワールドカップ興奮しましたね。
見事な勝利。
見ていてチームワークの勝ちかなと思いました。


日本人オーナー辻本憲三氏が夢をかけて造ったこのワイン。
情熱あるオーナーと超有名なブドウ栽培家、醸造家との最強トリオの経験と技術が
造り上げたこのワインは世界中で高い評価を得ています。

「ケンゾー・エステート」の詳細はこちらより。

6/28からのvinoble3周年イベントではどちらもグラスを特別価格でご用意。
選ばれしレストランにしか供給されないこのワインをこの機会に是非
お楽しみ下さい。

 

2010.06
23
Wed
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 23:41
突然ですが、3周年企画のご案内です。
twitter@vinobleにてワインのオークションをしたいと思っています。
オークションと言ってもあくまで「vinobleで落札価格にて飲んでいただける権利」を
入札いただきます。
酒販免許の問題上、vinobleでは「ワインの販売」はできないからです。

初めての企画なので不安な要素も多いですが、この機会にお得な価格で落札して下さい!

詳細はこちらより ↓ ↓ ↓




2010.05
31
Mon
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 23:58
日曜日はワイン界の恩師がフランスから「農事功労章」を授章され、
祝賀会に参加してきました。
大きなパーティーは既に開催されていて、今回は親しい方々ばかりを招かれての
パーティーで、70名くらいの方々が参加されていました。

用意されたワインは驚きのアイテムです。


田崎真也さんの提案でボルドーのファーストラベルとセカンドラベルをブレンドし、
若いうちから楽しめる様に仕立てた特別なワインの数々です。
これらのワインは「Club des 50」と言う会に入会した限られた方のみのリリースとなる
スペシャルワインなのです。


これらのワインは「販売してはならない」と言う約束があるらしく、
今回はパーティーでみんなに楽しんでもらおうと言う趣旨のもと振る舞われました。

面白い試みのワインたち。
どれも美味しかったのですが特に16番が素晴らしく、集まったのはワイン界の著名な
方々、さすがに16番が真っ先に空いていました。

15時に始まったパーティーの後、当然の様に4次会まで。
帰ったのは深夜2時でした・・・



2010.05
13
Thu
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 14:20
一昨日久しぶりにワインの試飲会に行ってきました。
「WINE TOKYO 2010」です。
25社以上が出展するかなり大規模な試飲会は東京流通センターで開催されました。

夕方に伺ったにも関わらず会場は熱気ムンムンと言った状態。
既にでき上がっている人もチラホラ・・・

実は私この試飲会が苦手なのです。
20代の頃は小規模なワイン会でも片っ端から足繁く通ったものですが、
年々行く度に知り合いと出会って「世間話をして終わり」と言ったパターンが多くなって
しまいました。
今回の様に大きな規模だと片っ端から試飲と言う訳にもいかず、集中力も持続
できません。

よくお客様にも聞かれるのですが、今はどうやってワインを選んでいるか?

1.信頼できるインポーターの方が直接ボトルを持ってきてくれたモノを試飲したり、
いただいた情報を元に試し買いをして選ぶ。
2.取引先から気になるアイテムを少量ずつ買ってテイスティングする。
3.信頼できる酒屋さんのホームページよりネット通販で気になるアイテムを
片っ端から1本ずつ購入しテイスティング。良い物があれば追加購入する。 

主にこの3パターンでワインを選んでいます。
試し買いをして気にいらないモノが料理用にまわる事もしばしば。
要するに楽しみながらワイン選びをしていると言う事で・・・

しかしvinobleのセラーは既に400種を超えてしまっているので、
これ以上増やすとスタッフに怒られそうですね。

2010.04
26
Mon
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 15:08
vinobleでは窒素充填式のグラスワインサーバーを使用しています。
この機械を使用する事によって抜栓したワインも酸素に触れること無く、
ベストコンディションでグラスワインを提供する事ができます。

 

右は白用、左は赤用で温度を分けています。


この様な感じでボトルにささっています。
ボトル内のワインが入っていない部分に窒素ガスが充填されます。
底からワインを窒素の圧力で吸い上げます。

吸い上げ部分はスリーブ状でスライドして長さを調整できます。
これによって澱のあるワインも澱が溜まっている上部からクリアーなワインを
吸い上げる事が可能です。


チューブは医療用のテフロン素材でできています。
ワインに香りが着くなどの影響は勿論ありません。


こちらのコックをひねるとワインが出てきます。
前職で立ち上げた大阪の店では32連の機械があり、清掃等のメンテも大変でした。


機械の底部には窒素ガスのボンベが入っています。
メーターは圧力と残量が表示されています。


こちらのボンベはプロパンや酸素ボンベ同様何度も使います。
専門の業者さんから中身(窒素ガス)だけが充填されて戻ってきます。

窒素ガスは食品添加物として認可されています。
無味無臭でワインへの影響も全くありません。

4月より赤、白各1アイテムずつ私が厳選した90年代を中心とした飲み頃のワインを
「本日のグラスワイン」として毎日ランダムにご用意しております。
ボトル15,000円〜20,000円くらいのワインを一律2,100円でご用意しておりますので
この機会に是非お楽しみ下さい。

「本日のワイン」が何かはマネージャー尾又が担当している”Twitter@vinoble”を
チェックして下さいね。

2010.04
21
Wed
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 17:52
先日もブルゴーニュ赤をお薦めしましたが、今月はブルゴーニュづいています。
今日も飲み頃ワインのご紹介です。


少しお高めですがセラファンの「ジュヴレイ・シャンベルタン」1998です。
ブルゴーニュ・ラヴァーの方ならセラファン=G.シャンベルタンと言った感じだと
思いますが、今まさに飲み頃に入った1998はお値段納得の味わいであります。

4〜5月はこのクラスもグラスワインでお出ししておりますので、
是非楽しみにいらして下さい。 

2010.04
14
Wed
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 01:43
まだまだ不安定な天候の毎日ですが、少し春らしい日もあって
何故か気分的にブルゴーニュの美味しい赤ワインが欲しくなりました。
そこで今月は少し熟成したブルゴーニュの赤をお薦めします。


大好きな造り手「フランソワ・ゲ」の”サヴィニィ・レ・ボーヌ”の一級畑、
”レ・セルパンティエール”の’98です。
12年の月日を経て果実味と味わいを構成する他の要素が一体化した今、
バランスが素晴らしい状態の”ピノ”。

美味しい”ピノ”は 合わせる料理を悩んでしまいますね。

2010.03
25
Thu
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 11:07
先日、超有名なカリフォルニアワイン”Maya”を造るDALLA VALLEのオーナー、
Naokoさんにご来店いただきました。
私のソムリエ人生の中で忘れる事のできない偉大なワインであります。
そのエピソードはこちらから。 

来日中のご多忙のなかvinobleにお越しいただけた事は光栄以外なにものでも
ありません!
ご来店記念に貴重なサインをいただきました。


向かって右側の2本は今回いただいたサイン。
左端は98年にいただいたものです。

もう説明不要のこの素晴らしいワイン。
来る6月に迎える3周年イベントでは、またまた皆様にもお楽しみいただける企画を
考えております。
こうご期待!!!

2010.03
18
Thu
CATEGORY: ワイン | RE: 0 | TB: 0 | hamaoka | 01:09
甘くて美味しい「モーリー」と言うワインをご存知ですか?
分かりやすく言えば南仏で作られる「ポートワイン」。
その製法も良く似ています。
その中でも世界一の「モーリー」の造り手、”マ・ザミエル”をご紹介します。 


vinobleには2種類の「モーリー」がありますが、写真左は”ヴィンテージ2006”、
右側は15年熟成の”プレステージ”。まさにヴィンテージ・ポートの世界です。

ポートと言えば「赤玉」を思い浮かべる方も多いと思いますが、
甘いと言うのは共通ですが、その深みたるや別世界であります。
レーズンやコーヒー、カカオなど複雑味を持った味わいが楽しめます。

個人的にはチョコレートとワインは相性が良くないと思うのですが、
この「モーリー」や「リヴザルト」と言った酒精強化ワインなら、共に楽しめると思います。

デザートワインと言えば貴腐ワインが有名ですが、この「モーリー」もそれだけで
デザートに成り得る食後酒です。
さほど高価なモノでは無いですし、グラスでオーダーできるので是非一度お試し下さい。
その日の食事の満足感UP間違いなしです。
ご自宅でナイトキャップにも良いかと思います。